天気予報

18

9

みん経トピックス

白金台にうなぎ専門店目黒川の桜を生配信

目黒川の桜がライトアップ ぼんぼり4000個点灯

目黒川の桜がライトアップ ぼんぼり4000個点灯

目黒川沿いに連なる桜とぼんぼり

写真を拡大 地図を拡大

 目黒川の全長約3.8キロにわたる目黒区内沿道に3月25日から、約4000個のぼんぼりが点灯する。主催は「目黒川を豊かな生活環境にする会」。

開花した目黒川の桜(3月24日現在)

 21日には東京で桜の開花宣言がされ、桜の名所の一つとなる目黒川の沿道のソメイヨシノなど約800本の桜にぼんぼりが設置された。設置は大橋から品川との区境まで続き、今年で30回目。24日現在は一分から三分咲きほど。

 同会は昔からしばしば氾濫を起こす目黒川の対策として、行政による川の護岸工事が行われたころ、目黒川沿いに咲く桜の保全と目黒川周辺の環境保全運動の一環として川沿いにぼんぼりを設置し桜をライトアップしたのが始まり。

 会長の追川幸之助さんは「始めた当時はまだ若い桜も多く、これほどたくさんは設置できなかった。ぼんぼりの存在もあまり知られておらず、200個程度の小規模なものだった」と振り返る。

 ぼんぼりには協賛している店名や会社名、個人名のほか、「生まれてきてくれてありがとう!」のお祝いメッセージや「なっちゃんやったね!自信ついた」「ケンケン只今散歩中」などのユニークなメッセージも記されており楽しめる。

 開花前の桜を見に来ていた目黒区在住20代女性は「最近目黒に引っ越してきた。ぼんぼりの存在は初めて知った。目黒川の桜は以前見に来たことがあり、とてもきれいだったので今年も楽しみ」と話す。

 追川さんは「今年は4000個を超える協賛を頂き過去最多となった。これから咲いていく目黒川の桜とともに、いろいろな人々のメッセージも楽しんでもらえれば。マナーを守って目黒川のライトアップした夜桜を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 ライトアップは日没~21時ごろ。4月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング