見る・遊ぶ

上目黒のギャラリーでフォトインスタレーション アイルランドの今を映し出す

スザンヌ・ムーニーさん(左)とシャイ・オハヨンさん(右)

スザンヌ・ムーニーさん(左)とシャイ・オハヨンさん(右)

  • 0

  •  

 上目黒のギャラリー「The Container(ザ コンテナ)」(目黒区上目黒1)で現在、フォトグラフィック・インスタレーション「A few light taps upon the pane, no one turns, no reply」が開催されている。サポートはJAMESON(ジェムソン)。

カクテルコンペティション「JAMSON BARTENDERS‘ BALL JAPAN」日本チャンピオンのバーテンダー齋藤恵太さん

 同ギャラリーは貨物運送用のコンテナをギャラリーにしたユニークな空間が特徴。同展はアイルランドの写真家スザンヌ・ムーニーさんによる「フォトグラフィック・インスタレーション」で、2008年のアイルランド国家破綻後、建設途中のまま手つかずとなったアイルランドのダブリン南部・サンディーフォード工業団地で撮影した写真をアクリル板に印刷。コンテナ内を2つに区切り透明と不透明の部分に分け、後ろから光を当てることで来場者のシルエットが作品の一部になるようデザインされている。

[広告]

 同展のキュレーター、シャイ・オハヨンさんは、「The Containerには、もともとオブジェとして貨物運送用のコンテナが置いてあったが、持ち主に提案しギャラリーとして転用した。日本の作品展はキュレーションに重きを置いていないところが多い。キュレーターとして作品を集めてくることをしたかった」と話す。

 スザンヌさんは「この作品はコンテイナーギャラリーのために新しいシリーズとして作ったもの。作品を通して日本やヨーロッパなどの経済問題などがビルの形で見えてくる。作品からビルのファサード(建築物の正面)は見えるが、中身や背景、生活など本当の空間は分からない。そういったところも感じていただければ」と話す。

 7月27日に行われたオープニングレセプションでは、カクテルコンペティション「JAMSON BARTENDERS' BALL JAPAN」で日本チャンピオンとなったバーテンダー齋藤恵太さんがスペシャルカクテルを提供した。期間中、会場ではJAMESONのウイスキーを使用したアイリッシュコーヒーカクテルが無料で振る舞われる。

 スザンヌさんは「今回の展示は将来の新しい地域活性化へつながるようにという思いも込めている。自分の住んでいる街にも当てはめて、少しだけ考えてほしい」とも。

 開催時間は11時~21時(土曜・日曜・祝日は10時~20時)。火曜定休。10月11日まで。