天気予報

24

18

みん経トピックス

中目黒で鳥取の特産楽しめる中目黒にチョコレート専門店

中目黒にトンカツ専門店 茨城県産「瑞穂のいも豚」を一頭買い

中目黒にトンカツ専門店 茨城県産「瑞穂のいも豚」を一頭買い

「厚切りロースカツ」(220g)

写真を拡大 地図を拡大

 中目黒に2月15日、トンカツ専門店「富士喜(ふじき)」(「喜」は異体字で「七」が3つ、目黒区青葉台2、TEL 03-6303-0074)がオープンした。運営は際コーポレーション(目黒区)。

店の外観

 店舗面積は約14坪。席数はカウンター席7席を含む21席。客席からはキッチンが見え、トンカツを揚げる様子や音、香りなども感じることができるようにした。同店は同ブランド2店舗目となる。

 茨城県産「瑞穂のいも豚」を使用。雌のみを一頭買いすることで価格を抑えている。料理長の田城康隆さんは「雌の豚は脂の融点が低く、食べた瞬間口の中ですぐ溶ける。肉の柔らかみもあり、トンカツに最適。この手間と価格を他店で再現するのは難しい」と話す。焙焼(ばいしょう)式のパン粉を使うことで軟らかい衣にし、油にはごま油を加えることで香りを引き立たせる工夫も。

 トンカツソースにもワインビネガーやアップルビネガーを合わせ、酸味にこだわったトンカツソースとウスターソース、ヒマラヤ岩塩の3つを用意する。

 メニューは「厚切りヒレカツ」(150グラム、1,800円)、「特上リブロース」(220グラム、1,580円)、「厚切りロースカツ」(220グラム、1,380円)のほか、希少部位の「赤身芯たまカツ」(85グラム2切れ、1,380円)など。テークアウトメニューとして「メンチカツ」(1個150円)、「カツサンド」(1,000円)も用意する。全てのメニューにご飯と豚汁、漬物が付く。

 田城さんは「まずはロースを食べてもらいたい。脂の溶ける具合と肉の味が一番よく分かる。ぜひ一度食べてほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング