見る・遊ぶ 暮らす・働く

碑文谷・圓融寺で大みそかプロジェクションマッピング奉納

エア書道で書いた2017年の一文字。碑文谷・圓融寺で大みそかプロジェクションマッピング奉納

エア書道で書いた2017年の一文字。碑文谷・圓融寺で大みそかプロジェクションマッピング奉納

  •  

 目黒・碑文谷の天台宗圓融寺(えんゆうじ)(目黒区碑文谷1)で大みそかの12月31日、「円融寺除夜の鐘 プロジェクションマッピング奉納」が行われる。閑静な住宅街に位置する同寺は、約1150年前の853(仁寿3)年、慈覚大師による創建と伝えられる天台宗の古刹(こさつ)。

円融寺幼稚園 園児の描いた絵を投影。碑文谷・圓融寺で大みそかプロジェクションマッピング奉納

 同イベントは今年で6年目を迎える。東京23区で最古の木造建築で、室町時代に建てられた木造建築として国の重要文化財に指定されている「釈迦堂」の壁面に、さまざまなCG映像を投影する。

[広告]

 六本木ヒルズや錦帯橋(山口県)などでプロジェクションマッピングを手掛けた先端表現技術利用推進協会(東京都港区)の町田聡会長が実行委員会の代表となりプロデュースし、同協会の会員が中心となり映像制作や運営を手掛ける。

 円融寺幼稚園の園児が書いた絵も投影。古刹の釈迦堂が幻想的な光のアートの世界に変貌し、伝統と最新の映像技術の融合が見られる。

 書家(日向伯周)による釈迦堂への「エア書道」を行うほか、一般も参加できる「書道体験コーナー」も設ける。当日は、円融寺の住職が選んだ来年の漢字一文字も「釈迦堂」に投影。2017年の漢字は「極(きわみ)」だった。2018年の一文字については当日発表。実際の書道が体験できるコーナーもあり、書家の指導により書道体験ができる。

 投影は20時~、20時30分~、21時~、21時30分~の4回。雨天などで予定変更の場合は同寺ホームページで知らせる。