天気予報

28

18

みん経トピックス

自宅出張美容 区内で始動目黒の史跡めぐりと自然観察

下目黒で福祉イベント「アートTシャツをデザインするワークショップ」

下目黒で福祉イベント「アートTシャツをデザインするワークショップ」

ARMY Tシャツをカスタマイズした子どもたち

写真を拡大 地図を拡大

 アナログライティングオフィス店舗脇広場(目黒区下目黒5、TEL 03-3710-2990)で5月19日、「アートTシャツをデザインするワークショップ。」が開催される。

 同イベントは「障がい児中心ファッションプロジェクト PINT(ピント)」の代表ヤマモトタケシさんにより、進行中の「1000のカスタムTシャツプロジェクト 千枚T ”SEN-MAI TEE”」の一環として開催。イベントテーマは「福祉×アート×ファッション」。

 「子どもは時に突き抜けた才能を開花させる。特に障がいのあるお子さんは社会から手を借りることもあるが、1人ひとりの才能が開花すれば子供による社会貢献の可能性が広がる。また、本来米軍で着用され胸元にARMY と書かれているTシャツを選んでいるのは、ARMYの部分をハートや音符など好きにカスタムしてもらうことで平和につなげることができると考えたから」とヤマモトさん。

 コンセプトは4つ。1つ目は、同イベントである『障害がある子もない子もファッションデザイナー体験ができるワークショップ』の定期開催。2つ目は、1で子どもたちがカスタムしたTシャツを千枚集めて、千羽鶴と同様に平和を願った共同アートにして展示すること。

 3つ目は、障がいのある子どもでも『自分らしさ』を表現すること。4つ目は、新たな才能を伸ばし『在宅で活躍するデザインチーム』として、福祉に新しい雇用モデルを作り自立支援を行うこととしている。

開催時間は11時~15時、参加費は2000円(PINTO登録料・Tシャツ1枚込み)。持ち物は、エプロンと汚れても良いタオル。

グローバルフォトニュース